3日目を迎えた全国JOCジュニアオリンピック夏季大会は、本日よりシンクロナイズド飛込競技が開催され、最大の競技数、出場人数となり盛大な一日となった。


IMG_5774
第1試合は12〜13歳女子1m飛板飛込が行われた。
序盤からJSS宝塚の山村榎鈴と横山結衣、坂田丹寧(土浦三)がトップ争いを展開。終盤、抜きん出たのは、高飛込でも優勝を果たした山村選手。持ち前の空中感覚の良さで高難易度の演技をミスなくしっかりきめてきて高飛込に続き2冠を果たした。
2位は、横山選手と坂田選手が激闘。坂田選手は優雅で大きな演技を披露し会場を沸かしたが、横山選手も小柄ながら非常にパワフルな板踏みと高難度演技種目を成功させ、高飛込では一歩及ばなかった坂田選手に1m飛板飛込では競り勝って2位となった。


IMG_5780
第2試合は、14〜15歳男子高飛込が行われた。
優勝したのは二羽倖駕(小松DC)。細身ながらジャンプが高く小さな美しいフォームを作ることから、演技全体の印象がとても好感の持てるものだった。
2位には、日本体育協会のJ-STARプロジェクトで発掘・育成を受けた藤田優(長岡DC)が発掘から僅か2年で全国の表彰台に上がった。突出した跳躍力とスピード感のある演技が印象的だった。
3位は柴大翔(ジョイフル)が高難易度の演技に対し、ミスを最小限にまとめ上げ、表彰台に上がった。


IMG_5779
第2試合には16〜18歳女子3m飛板飛込が行われ、高難易度の演技を揃えて試合に挑んだ近藤花菜(群馬DC)が優勝を果たした。特に4本目の405Bは、ジュニアの女子選手にとって難しい演技だが、しっかり入水をきめて会場を沸かせていた。
2位にはシャープなボディラインで美しい演技が定評の山崎佳蓮(高知SC)が入った。高い技術が必要とされる5152Bを最終演技で成功させ、会場から喝采を受けた。
3位は北田夏鈴(小松大谷高校)。インターハイでは予選落ちという悔しい思いを経験したが、この試合では序盤から上位争いを展開する素晴らしい演技を揃え、表彰台に上がった。


IMG_5781
第3試合は男子シンクロナイズド3m飛板飛込が行われ、坂田麗鳳と高桑天通希の富山国際大付ペアが高い同調性で優勝した。2位には、後藤啓佑(神辺SPC)竹谷隆(福山T・C)が多少の同調性の乱れはあったものの、高難易度の演技をまとめてきた。出場ペアの中で一番の会場の声援を受けていたのも印象的だった。3位には高知SCの中学生ペア川村健斗と瓶子礼智が難易度は低くとも高い同調性が際立って、混戦となっていた3位争いを制した。


IMG_5782
本日の最終試合は女子シンクロナイズド3m飛板飛込であった。
今年も多くのペアがエントリーしており、13ペアが出場。シンクロナイズド競技への関心と魅力が伺えた。
順位が常に入れ替わる大混戦となったこの試合を制したのは、望月来華・伊南美月の大分DCペア。入水では多少のズレがあったものの、素晴らしい同調性が勝敗を分けた。
2位は山村榎鈴・横山結衣のJSS宝塚ペアであった。高い同調性と美し演技で、制限選択飛から試合を優位に運んでいたが、自由選択飛に入って多少の入水の乱れが影響し、1点差で優勝を逃す形となった。
3位は北田夏鈴・北田彩夏(小松大谷高校)。さすが双子のペアだけあって、息のピッタリあった同調性の高い演技を見ることができた。


明日は、いよいよ最終日、3試合が行われる。最後まで続く熱戦にぜひ多くのご声援を!