全国中学校水泳競技大会2日目、男子高飛込み予選では、4月の日本選手権獲得者の玉井陸斗(兵庫県、高司中学校)が素晴らしい演技でトップ通過、決勝の演技が楽しみになる内容となりました。
2試合目の女子飛板飛込みでは、持ち越しの得点が1位から6位までほとんど差がなく明日の決勝はとても接戦が予想される結果でした。
3試合目は男子高飛込み決勝で、他を寄せ付けない内容で、玉井陸斗選手の優勝でした。2位には終始安定した内容で、二羽倖駕選手(南部中学校)が入り、3位には素晴らしい水切れを見せた瓶子礼智選手(日高中学校)が入りました。
明日は決勝が2つあり最終日、選手たちの盛り上がりに期待します。

IMG_1848

IMG_1847