第1試合  少年女子飛板飛込
2ラウンド目まではアジア大会日本代表の三上紗也可(鳥取県)と宮本葉月(高知県)、そして世界ジュニア選手権日本代表の金戸凜(東京都)の3人がトップ争いをしていたが3ラウンド目に金戸がミスし試合は三上と宮本との一騎打ちとなった。競り合いを制したのは三上だ。三上は春に肘を負傷したものの入水出来なかった期間に下半身を鍛え抜いたことが功を奏しジャンプの高さがグンと増して演技に余裕が出来たことが勝因だろう。2位は宮本、3位は金戸だった。 
IMG_7392


第2試合  少年男子高飛込
若さ溢れる若者たちの豪快な演技に盛り上がった試合となった。今季負け無しの西田玲雄(大阪府)は強かった。1本飛ぶごとに点差を開き後半は独走状態となり会場をわかせた。2位には会場・地元石川県の中秀太郎が入った。細かな入水のブレはあったものの6本の演技を良くまとめ辛抱強く演技した。3位は金子舜汰(東京都)だった。
FullSizeRender

 第3試合  成年男子飛板飛込
この試合はオリンピアンの寺内健(兵庫県)と坂井丞(神奈川県)が試合を引っ張った。坂井は踏み切りのブレからベストダイブではなかったものの圧巻の試合運びで勝利を勝ち取った。寺内は2位だった。会場を沸かせたのは会場・地元石川県の千歩純一だろう。大声援の中6本の演技をそつなくこなしたのは立派の一言。嬉しい3位となった。
FullSizeRender