アジア競技大会大会第2日目 女子シンクロナイズド3m飛板飛込決勝競技が行われた。日本から三上紗也可(米子DC)、宮本葉月(高知SC)の高校生ペアが出場。昨日の男子に引き続きメダルを期待されたが序盤の制限選択飛のミスが響き、後半追い上げるも上位争いをできないまま競技を終え得点249.90点で5位だった。中国はもちろん上位のマレーシア、北朝鮮ペアは同調性・個々技術の精度も高く付け入る隙がなかった。日本チームには課題を多く残した結果になった。

IMG_7198
IMG_7199