3日目は女子飛板飛込の予選と決勝が行われた。
決勝では10本の演技を披露。アジア大会代表の宮本葉月(高知・土佐女子)が前半をトップで折り返し6点差で成長著しい高校1年生の安田舞(東京・帝京)が追う展開。宮本が後半の自由選択飛でいくらか乱れた入水があったため一度はトップを安田に譲ったが得意の2群、3群で抜き返し初優勝、安田が2位となった。
3位争いを制したのはダイナミックな板踏みが持ち味の近藤花菜(東京・帝京)だった。
FullSizeRender