ユニバーシアード大会報告(4日目)
今日は、男子3m飛板飛込予選に須山選手が出場。
序盤にスコアを伸ばせず、一時は準決勝のカットラインを割っていましたが、中盤から立て直して8位まで追い上げ、予選を通過しました。
すぐあとに行われた男子3m飛板飛込準決勝では、全体的にスコアがハイペースな展開となりました。予選のミスを修正してスコアを伸ばし、最後まで大きなミスなく演技をまとめ、ひとつ順位を上げて419.05点の7位で決勝進出を決めました。
女子高飛込決勝には榎本選手が出場。
全体的に北朝鮮の選手のレベルが抜き出ている感じですが、予選も準決勝も順位の変動が大きく、誰がメダルを獲るかわからない展開でした。
榎本選手は昨日高得点をマークした305で角度が流れてしまい、得点を伸ばすことができませんでした。落ち着いて演技をしていましたが、演技がかみ合わず、スコアを大きく落として11位に終わりました。

明日は男子3m飛板飛込決勝に須山選手が、女子3m飛板飛込シンクロ決勝には、金戸・榎本ペアが出場します。
まだまだこれからが勝負。最後まで粘り強く戦いますので、日本からご声援よろしくお願いします。