宮城県総合運動公園セントラルスポーツG21プールで開催されていた全国高等学校水泳競技大会は20日最終日を迎え、男子高飛込予選と決勝が行われた。
昨年度優勝の西田玲雄(桃山学院)が制限選択飛から好調。自由選択飛に入り練習で苦労していた307Cと207Cが無難に決まるとあとは独走状態となった。後半は美しい入水を見せ圧巻の二連覇だった。
2位には大きな演技で観客を沸かせた中秀太郎(小松市立)が入った。3位の伊藤洸輝(帝京)はミスを最小限に抑え高3の意地を見せた。


これでインターハイ全日程が終了しました。学校別順位は以下の通りです。

◉男子
優勝→帝京高等学校(東京都)
2位 →桃山学院(大阪府)
3位 →小松市立高等学校(石川県)

◉女子
優勝→甲子園学院(兵庫)
2位 →帝京高等学校(東京都)
3位 →土佐女子高等学校(高知県)

大会役員の皆さま、大きな声援を送ってくださった皆さま、素晴らしい大会をありがとうございました。
選手たちが今後さらに大きく羽ばたいてくれることを期待したいですね!