ワールドグランプリシリーズ最終戦は11月4日から6日まで、シンガポールで行われた。日本からは若手8名の選手が参加した。
今大会は次世代を担う若手選手が集まった試合となったが、日本代表の8名全員がメダルを獲得するという素晴らしい成績であった。
選手それぞれは次に向けた課題も見え、収穫の多い大会となったようだ。次の目標に向け、新たな課題を胸に次へのステップとしてもらいたい。