イタリアグランプリ2日目。
相変わらずの強風により競技の進行が遅れ、最悪のコンディションの中、女子高飛込、男子3m飛板飛込の決勝が行われました。
結果、女子高飛込決勝では、板橋美波が見事優勝を果たし、続く男子3m飛板飛込みでも坂井丞が2位に食い込みました。

何れの試合も風を気にした中国選手に対し、予め想定していた板橋選手の戦略的な勝利とも言えると思います。
試合前の練習ではしっかりとした時間も取れず、今までの練習の蓄積がものを言う内容でした。


板橋美波の407C


また、坂井選手はコンディションニングの苦手な意識はあると思われますが、世界の強豪が苦戦する中、安定した演技をすることができ、その成長ぶりが深く印象に残った試合展開でした。


成長を見せた坂井丞


明日は女子のシンクロ高飛び込みがおこなわれます。
また明日に期待しましょう‼︎