日本選手権2日目は男子3M飛板飛込と女子高飛込が行われた。
男子飛板予選では活躍を期待された高校チャンピオンの須山晴貴(松江DC)がラスト種目で大きなミスをし予選落ちするという波乱はあったが、実力者が午後からの決勝へと進んだ。すでにリオデジャネイロ五輪の日本代表に内定している寺内健(JSS宝塚)の演技に注目が集まっていたが、体調不良から決勝を棄権したことにより誰が表彰台に乗ってもおかしくない試合となった。
決勝では坂井丞(ミキハウス)が実力を発揮し世界選手権日本代表の意地を見せた。この試合では2位3位争いが熱かった。結果はほぼミスなく演技を終えた安永元樹(和歌山DC)が2位となり、3位には今季好調の千歩純一(日体大)が入った。























優勝した坂井
























女子高飛込では世界選手権代表の佐々木那奈(JSS宝塚)が安定した演技を披露し初優勝した。注目された板橋美波(JSS宝塚)は気負いからか入水が乱れ2位となった。3位には学生選手権優勝の山下藍奈(筑波大)が今季最高の演技をし表彰台を決めた。
この試合でニューヒロインが誕生した。全国中学体育大会優勝の荒井祭里(JSS宝塚)が予選でほぼノーミスの演技をし、予選を1位通過したのだ。決勝ではミスが出て順位を下げてしまったが、観客や飛込関係者には大きな衝撃を与えたことだろう。今後の成長が楽しみな選手の1人だ。




















優勝した佐々木