第91回日本学生選手権水泳競技大会が宮城県総合運動公園総合プール(グランディ21)で開幕した。












初日は男子飛板飛込と女子高飛込が行われた。
男子飛板は予選から板をよく踏み安定した演技を続けた千歩純一(日本体育大学3年)が圧勝。ラストの407Cを決め、会場を大いに盛り上げた。

写真左から2位の関口大輝(日体大)、優勝した千歩、3位の吉村充史(天理大)












女子高飛込では山下藍奈(筑波大学4年)が予選からよく身体が動き、水切れもよく出場選手の中で光っていた。決勝での290点代という点数も立派で、久しぶりに表彰台の真ん中に上った彼女に満面の笑みが見られた。

写真左から2位の辻原朱里(日体大)、優勝した山下、3位の太村朱里(常葉大)