DSCF2067
男子3M飛板飛込を制したのは、世界選手権日本代表でベテランの寺内健選手(ミキハウス)。安定した演技で他を圧倒しました。2位には高難易度の種目を無難に演技した新良貴優選手(福山平成大学)が入りました。3位は成長目覚ましい千歩純一選手(日体大)がラストの407Cを決めて初の表彰台となりました。
DSCF2069
女子高飛込は、世界選手権代表の板橋美波選手(JSS宝塚)が400点超えのスーパーダイブ!
特に4本目の109Cの 完成度は素晴らしく、観客を大いに沸かせました。
2位には難易度を上げた中川真依選手(石川DC)が入り、3位には安定した演技で佐々木那奈選手(JSS宝塚)が表彰台にの登りました。

 DSCF2073
マスコミの囲み取材を受ける板橋選手。
今日の点数を2012年のロンドンオリンピックの結果と比較すると、銀メダル相当の点数となります。
そんな素晴らしい演技を見せてくれた板橋選手に、大きな拍手が送られていました。


明日は翼ジャパンカップ最終日。女子1M飛板飛込、男子高飛込 が行われます。

入場は無料です。ぜひ、選手のパフォーマンスを実際の目で見てください!
演技の迫力、スピード感、入水時の音。実際に見てみると迫力があって面白いです。

また、大会の様子はライブリザルトで見ることができます。

http://swim.seiko.co.jp/diving/dvginfo_mb/