翼JAPAN

(公財)日本水泳連盟飛込委員会公式ブログ

2019年04月

翼ジャパン フォトギャラリー 最終日

写真/フォート・キシモト

IMG_0613
IMG_0617
IMG_0619
IMG_0618
IMG_0614
IMG_0615
IMG_0616
IMG_0621
IMG_0622

International Youth Diving Meet 2019

A69D3E12-9449-4221-AB02-B76746759120

現在、JOCエリートアカデミーが参加しているInternational Youth Diving Meet で遠藤拓人選手が3m飛板飛込で3位と表彰台に上がりました。

遠藤選手は、制限選択飛びから美しい演技を披露し、予選を1位で通過しました。
決勝では更に自由選択飛びの点数を伸ばし、上位争いを行いましたが、109Cや307Cなど決勝で高難度の演技を成功させたカナダ・ロシアの選手に追い抜かれ3位という結果でした。
高い難易度構成が求められる男子シニアの世界に向け、遠藤選手の今後に期待したいと思います。



B4426E85-3C04-4827-870C-47977B3CAFE7

女子高飛込に出場した安田舞選手は、予選を8位で通過しました。
決勝では107B、5253Bなどで高得点を出し、最後まで3位争いを繰り広げましたが、3位に4点足らずの悔しい4位という結果になりました。

翼ジャパン フォトギャラリー 2日目

写真/フォート・キシモト

IMG_0602
IMG_0609
IMG_0603
IMG_0604
IMG_0608
IMG_0606
IMG_0610
IMG_0605
IMG_0607
IMG_0611

翼ジャパン フォトギャラリー 初日

写真/フォート・キシモト

IMG_0575
IMG_0574
IMG_0573
IMG_0578
IMG_0579
IMG_0580
IMG_0585
IMG_0588
IMG_0584
IMG_0582


日本室内選手権 最終日

C6D8D0BA-A792-4E44-8C44-06B6F0A3FDB7

最終日を迎えた日本室内選手権(翼ジャパンカップ)は、男子高飛込、女子1m飛板飛込、シンクロナイズド高飛込競技が実施された。


男子高飛込では、新星が最年少優勝を果たした。若干13歳の玉井陸斗選手(JSS宝塚)は、出場者中の最高難易度で演技をし、予選でミスがあった109Cも決勝では高得点を獲得し、2位以下を寄せ付けずダントツの優勝であった。東京オリンピックが迫るこの時期に翼ジャパンにとって大きな期待を集める存在となりそうだ。2位には静岡ビル保全のベテラン萩田拓馬選手が貫禄の演技を見せ、3位には同じく静岡ビル保全の大塚千誠選手が大混戦を制した。

2292D447-0218-49E7-9CD0-9B1A56895836

女子1m飛板飛込では、日本選手権覇者の宮本葉月(近畿大学/高知SC)がダイナミックかつ安定の演技で優勝を果たし、2位には美しさで定評のある藤原ゆりの(立命館大学/京都DC)、3位には素晴らしい高さのある演技を見せた金戸華(セントラルスポーツ/日本大学)が入った。

8FD6020D-DD1C-4F9C-B7D8-57966D11AF73
男子シンクロナイズド高飛込ではワールドシリーズ代表ペアの村上和基(JSS白子)と伊藤洸輝(JSS宝塚/日本大学)が優勝、2位、3位は、今回からペアを組んだ2組がオリンピックを見据えた高難度の演技を披露し、会場を沸かせた。


今回、公開競技となった女子シンクロナイズド高飛込は、飛板飛込のシンクロでおなじみの金戸凜(セントラルスポーツ/目黒日大)と安田舞(JOCエリートアカデミー)と若林佑希子、長澤明生(日本体育大学)のペアが2020東京を視野に入れた力強い演技を披露してくれた。



この大会の結果を受け、世界水泳、グランプリ、アジアカップ、ユニバーサアードの代表が決定する。
代表メンバーはこのブログでも公開しますので、今しばらくお待ちください!


羽ばたけ!翼JAPAN!
 

日本室内選手権 2日目

大会2日目は男子3M飛板飛込と女子高飛込の2種目が行われた。

男子3M飛板では日本のトップ坂井丞(ミキハウス)、寺内健(ミキハウス)に大学生の須山晴貴(島根大学)、伊藤洸輝(JSS宝塚/日本大学)が追う展開と思われたが決勝では好調の須山を坂井と寺内が追う展開となった。昨年膝の手術をして数ヶ月間練習が出来なかった須山が復帰戦で気を吐き、ラストの307Cを決めれば世界選手権の切符を手にするという場面で助走が合わず入水をオーバーしてしまった。
勝ったのは大ベテランの寺内だった。辛抱の演技を続けて久しぶりに表彰台の一番上に上がった。

IMG_0512


女子高飛込は荒井祭里(JSS宝塚)と金戸凜(セントラルスポーツ/目黒日大高)の一騎打ちとなった。
右肩の故障を心配された金戸だったがそれまで積み上げてきた練習が花開いた。5本の演技全てで70点を越し2位の荒井に40点以上の差をつけた。試合を決定付けたのは2ラウンド目の207Cだろう。予選で背落ちしたこの種目で77点を叩き出しトータル362点のベストスコアを叩き出した。2位には荒井、3位は安田舞(JOCエリートアカデミー)だった。

IMG_0533





日本室内選手権開幕

4月19日から3日間、東京辰巳国際水泳場で日本室内選手権(翼ジャパンカップ)が開催されます。

初日は男子1M飛板飛込、女子3M飛板飛込、男女3Mシンクロが行われた。

男子1Mは予選では演技の乱れが多かったが決勝ではまとまった演技が多く見られた。昨年より力をつけた遠藤拓人(JOCエリートアカデミー)が高さのある演技を続け初めてシニア大会のタイトルを手にした。
2位にはダイナミックな演技が持ち味の社会人1年生の荒木侑図(NSP)が入り、3位はベテラン長谷川寛人(長岡DC)が入った。

IMG_0494


女子3M飛板飛込では三上紗也可(米子DC)の演技が光った。予選こそ入水が乱れたものもあったが決勝では安定した堂々の演技を披露した。昨年は怪我に泣き練習出来ない時期もあったがそれを乗り越え勝利を掴んだ。2位には成長著しい宮本葉月(近畿大学/高SC)が入り、3位は5本をよくまとめた安田舞(JOCエリートアカデミー)だった。

IMG_0493

女子飛板シンクロはペアを組んで半年の宮本葉月(近畿大学/高知SC)・榎本遼香(栃木DC)が素晴らしい同調性を見せワールドシリーズ相模原大会日本代表の金戸凜(セントラルスポーツ/目黒日大)・安田舞(JOCエリートアカデミー)ペアを2点差でかわし初優勝した。

IMG_0505


男子飛板シンクロでは国内負け無しのベテラン、坂井丞・寺内健(ともにミキハウス)が危なげなく勝利した。

ギャラリー
  • マレーシアGP大会 最終日
  • マレーシアGP大会 最終日
  • マレーシアGP大会 最終日
  • マレーシアGP大会 2日目
  • マレーシアGP大会 2日目
  • マレーシアGP大会 2日目
  • FINA グランプリ2019 マレーシア大会開幕
  • FINA グランプリ2019 マレーシア大会開幕
  • FINA グランプリ2019 マレーシア大会開幕