翼JAPAN

(公財)日本水泳連盟飛込委員会公式ブログ

2016年06月

世界ジュニア選手権日本代表の発表

先日行われた日本室内選手権と同時に、世界ジュニア選手権の派遣選手選考会が行われ、代表選手8名が発表された。
同大会は今年の11月29日から12月4日、ロシアのカザンで開催される。



グループA男子
   西田玲雄   大阪水泳学校
   伊藤洸輝   JOC EA

グループA女子
   板橋美波   JSS宝塚
   佐々木那奈   JSS宝塚
   宮本葉月   高知SC

グループB男子
   遠藤拓人   JOC EA
   山本   馨   大分DC

グループB女子
   荒井祭里   JSS宝塚

スタッフ
ヘッドコーチ  
  毒島泰士   (公財)日本オリンピック委員会
コーチ  
  馬淵崇英   (株)ジェイエスエス
  大塚奈保美   大阪水泳学校
帯同審判
  金戸   幸   (公財)日本オリンピック委員会


平成28年度 日本室内選手権フォトギャラリー



写真提供 / PHOTO KISHIMOTO


日本室内選手権、最終日の結果

3日から始まった日本室内選手権は5日、最終日を迎え、女子1M飛板飛込予選・決勝と男子高飛込予選・決勝、そして男女高飛込シンクロが行われた。

女子1M飛板飛込は8人決勝で、中学生3名が決勝へと勝ち進んだ。決勝は全体的にミスの多い試合となり、残念ながら盛り上がりに欠ける試合となった。
勝ったのは馬淵優佳(JSS宝塚)で、大きなミスをしなかったことが勝因。2位にはメリハリのある演技を見せた宮本葉月(土佐女子高)が入り、3位には榎本遼香(筑波大)が入った。



男子高飛込の勝負は最後のラウンドまでもつれ込んだ。3位となった岡島太一(日体大)は予選、決勝ともに109Cをまとめ、成長を見せた。2位となった村上和基(JSS白子)は、109Cに挑戦し失敗したが、世界を見据えた挑戦だといえよう。
勝ったのは萩田拓馬(静岡ビル保善)で、苦手な2群、3群を無難に決めたことが勝因となった。




最終種目は男女高飛込シンクロ。女子はエントリーが佐々木那奈、荒井祭里(JSS宝塚)の1チームだけということで、公開競技となった。
男子は6チームの参加。ペアを組んで日が浅いチームもあり、同調させる難しさが際立った。
勝ったのは萩田拓馬と久永将太(セントラル)のペア。結成して3週間と経験は浅いが、自由選択飛を全て前入水の種目にするという戦略が見事にはまったことが勝因だと言える。



これで、試合の全日程が終了しました。
たくさんの声援ありがとうございました。
これからも翼ジャパンの応援、よろしくお願い致します‼︎



日本室内選手権2日目の結果

日本室内選手権2日目は、男子3M予選・決勝と、女子高飛込決勝が行われた。

女子高飛込決勝では、リオデジャネイロオリンピック日本代表の板橋美波(JSS宝塚)の演技に注目が集まった。日本代表となって初めての国内での試合に硬くなったのか、いつものキレに欠けた。板橋を抑えて優勝したのは同じチームの佐々木那奈だ。美しい入水には定評がある。3位には同じくJSS宝塚の荒井祭里が入った。




男子3Mではリオデジャネイロオリンピック日本代表の寺内健(ミキハウス)が今大会は欠場し、同代表の坂井丞(ミキハウス)の独壇場となった。
8月のオリンピック本番に向け調子を上げるには難しい今の時期だが、坂井は決勝で109C(前宙返り4回半抱え型、難易度3.8)を使った。まだ荒削りではあるが、世界で戦うには高難易度の種目が必須だと言われるだけに、今回のチャレンジには意味があった。
2位に入ったのは、昨日の1M飛板飛込で優勝した千歩純一(日本体育大学)だ。特にラストの407Cは素晴らしかった。この407Cはこの試合の中でのベストパフォーマンスと言っていいだろう。3位には須山晴貴(島根大学)が入った。


大会最終日の明日、5日は、女子1M飛板飛込と男子高飛込、男女シンクロ高飛込が行われる。

日本室内選手権、初日の結果

女子3M飛板シンクロで中学生ペアが旋風を巻き起こす!



6月3日から東京辰巳国際水泳場にて日本室内選手権(翼ジャパンカップ)が開幕した。

男子1M飛板飛込は千歩純一(日本体育大学)が高さのある演技で初優勝。年々成長が見られ、今年は205Bに挑戦。これが決まったことで波に乗った。
2位は伊藤洸輝(JOC  EA)、3位には遠藤正人(日本体育大学)が入った。



女子3M飛板飛込は見応えのある試合となった。予選では12歳の金戸凜(日出中学校)が難易度の低い種目ながら290点を取り予選を2位通過し会場を沸かせ決勝では演技に硬さが出て6位に終わったが、明るいニュースとなった。
決勝ではリオデジャネイロオリンピック日本代表の板橋美波(JSS宝塚)が貫禄の演技を見せ優勝。2位には難易度を上げて挑戦した馬淵優佳(JSS宝塚)が入り、3位は宮本葉月(土佐女子高)がバネのある演技で表彰台を決めた。




初日最終種目は男女3M飛板シンクロ。女子は3組、男子は4組が出場した。
女子3M飛板シンクロは、安田舞(米子DC)と金戸凜(日出中学校)の中学生コンビが素晴らしい演技を見せ優勝するという大健闘。
男子は日本体育大学ペアの千歩純一と遠藤正人が息の合った演技を見せ、優勝した。







ギャラリー
  • 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体、最終日の結果
  • 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体、最終日の結果
  • 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体、最終日の結果
  • 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体、最終日の結果
  • 第72回 愛顔つなぐえひめ国体 開幕!
  • 第72回 愛顔つなぐえひめ国体 開幕!
  • 第72回 愛顔つなぐえひめ国体 開幕!
  • 第72回 愛顔つなぐえひめ国体 開幕!
  • アジアエージ大会、最終日の結果