翼JAPAN

(公財)日本水泳連盟飛込委員会公式ブログ

FINAダイビングワールドシリーズ2日目

IMG_3200
2日目を迎えた本大会は、MIXシンクロ高飛込に出場した村上和基選手と板橋美波選手が見事、銅メダルを獲得!
昨年に続き、2年連続の銅メダルを獲得である。

最終演技まで熾烈な3位争いだったが、最終種目5253Bで同調性ピッタリの演技を見せ、僅差の争いを制した。
IMG_0548 (1)

IMG_3210


女子高飛込に出場した荒井祭里選手は世界のトップ選手を相手に見事、決勝進出。決勝では6位という結果ではあったが、405Bで10点を出すなど素晴らしい演技と入水を披露し、会場が大いに沸いた。
IMG_3209
荒井祭里選手


IMG_3214 (1)
金戸凜選手
おしくも決勝進出はならなかったものの、107Bや5237Dで70点を超える高得点の演技を見せた。



男子3mでは、地元、相模原市出身の坂井丞選手と伊藤洸輝選手が出場。
各グループ3位までが決勝進出し、6人で決勝が争われる競技システムだが、両選手とも各グループ4位と一歩及ばなかった。


IMG_3212
全ての演技で7.5点以上の評点を揃え、得点合計463.05点を獲得した坂井丞選手。
305Bをはじめとする全ての演技で素晴らしい入水を見せた。


IMG_3211
伊藤洸輝選手
307Cでの多少のミスダイブ以外は、大きなミスをせず、高さのある演技を見せた。
世界トップの選手の中で4位と、存在感を示した。


公式競技結果リンク
http://www.fina.org/competition-results/finacnsg-diving-world-series-2019/diving/event



明日の最終日を前に、気持ちを一つにする日本代表、翼JAPANチーム
IMG_3189 2

会場にお越しの皆さまも、そうでない皆さまも、引き続き、翼JAPAN代表チームの応援をよろしくお願いいたします!

FINA. ダイビングワールドシリーズ相模原大会 第1日目


664E13AB-28F4-436D-9D98-A934BFCA7404
女子シンクロ高飛込に出場した板橋美波選手と荒井祭里選手

D6E876E3-BE1D-4D5B-9F54-E1C06CDDE37E
男子シンクロ高飛込に出場した村上和基選手と伊藤洸輝選手 

 D690D5C2-6AFB-4239-81A5-D3D829606627
女子シンクロ3mに出場した安田舞選手と金戸凜選手

2D7B52A4-6146-4689-B69F-F0D4E4406A5E
男子シンクロ3mに出場した寺内健選手と坂井丞選手 

公式競技結果リンク

 http://www.fina.org/competition-results/finacnsg-diving-world-series-2019/diving/event


 今大会の競技を終えた選手より
 A028BE1D-6337-4F4E-BDE3-1C8188FDCFE2
寺内健選手


3m
男子シンクロの試合は、寺内の大きなミスで悔しい結果に終わりました。キャリアを積み重ねても思い通りに試合を運べないという、飛込競技の難しさと1本のミスが無ければ堂々と世界で戦えるという実感があったのも事実です。世界最高峰のこのワールドシリーズで戦えることを光栄に思い、また地元日本だった事で大きな声援を受け試合が出来ることを幸せに思います。もちろん結果は振るわなかったですが、来年の東京五輪でしっかり戦うために大きな課題を収穫とし改めてトレーニングに励みたいと思います。

応援有難うございました。

 BB3BBA58-6F5B-4DD9-8D45-CFB90C331F02

安田舞選手


いつも画面越しで見ているような海外の選手と同じ舞台に立てていることを誇りに思いながら楽しんで試合することができました。その反面、世界の壁は高いということを実感しました。今回のワールドシリーズに出場できたことはとてもいい経験だったので、糧にして
4月の試合や、これからの試合も頑張りたいと思います。

 

引き続き、 代表選手達の応援をよろしくお願いします!

FINA. ダイビングワールドシリーズ相模原大会開幕

5FB16801-4E15-4413-8944-A0EF3F445B94

FINA  ダイビングワールドシリーズ相模原大会が、いよいよ開幕いたしました。
 この大会は、2018年のワールドカップの上位8位、そしてワールドグランプリランキング各種目1位の選手が出場する世界トップ選手のみが集結するの賞金レースです。
2019年、世界5ヶ所で開催されるこの大会の第1戦となるのが、ここ、神奈川県相模原市で開幕しました。
日本からは、開催国として与えられた出場枠も含めて、以下の選手が出場します。

89FCE763-515D-4E33-A4F3-CC8B2167B556


 多くの方々のご声援、応援が力になります。
ぜひ、ご注目ください!

Fina ドイツグランプリ 代表メンバーのコメント


305DAE3A-24E3-4C20-A30F-EC3C96F8E99B

日本代表としてFina ドイツグランプリに出場したメンバーと瓶子ベッドコーチよりコメントをいただきました。


宮本葉月選手(高知SC)
 DF5AC5AA-CE75-4C9E-8E2D-117EEF06F7EA
いつもは決勝を見ている側だったのが、自分自身が決勝で戦うことができ、すごく嬉しかったし自信になりました。
個人の3mでは、予選、準決、決勝と3試合とも安定した演技をすることができて、3月のワールドシリーズ、4月の選考会に向けて良い試合になったと思います。
まだ試合が続くので、気を緩めず練習していきたいです。



山田周汰選手(帝京高校) 
 462BCAEE-49CB-424B-ABC5-60731875CBFA

初めてシニアの国際大会に出場させていただき自分の弱さを知ることが出来ました。個人の高飛込では悔しい思いをして、改めてもっと心身ともに強くなりたいと感じました。

今回の経験を糧にして競技人生へと役立てていきたいです。


遠藤拓人選手(JOCEA) 
08FB8BA3-309D-41F4-9F98-4477BD01EC60
 
今回のドイツGPは自分にとって初めての出場となりました。結果は準決勝敗退と言う結果でしたが自分の良かった部分が出せた事、そして、それが点数に繋がった事が良かったです。課題の部分も明確に分かってきたので、次の大会に向けその課題を自分の良い面に変えられるように頑張ります。



瓶子ヘッドコーチ
91BF90A4-346B-411D-BDA5-AB46E6A93AFC

 予想以上にうまくいった試合もあれば、実力を発揮できなかった試合もありました。しかし、選手達は最後まで諦めず日本代表として素晴らしい演技を見せてくれました。
それぞれの課題は、地元に持ち帰ってきちんと 対策と練習をしてほしいです。
最後に、この派遣に際してご理解、ご協力いただきました関係各位の皆様、そして、応援してくださった多くの方々に感謝を申し上げます。今回の派遣が必ず翼Japanの更なる発展に繋がっていくと思います。

Fina ドイツグランプリ 2

69ED6E2C-91D1-4FFE-AF0F-AA6462AA4478
最終日を迎えたドイツグランプリ派遣は、宮本葉月選手(高知SC)と山田周汰選手(帝京高校)のミックスシンクロ3mで準優勝を果たした。

6E37F07D-7E3E-432E-8638-8821946765DF
7組が出場したミックスシンクロ3mの競技は、一本毎に順位に大きく変動が起こる混戦の中、宮本選手と山田選手は終始落ち着いた演技で順位を上げていき、最終5本目でついに準優勝にまで上り詰めた。多少、距離の面でズレはあったものの、息のピッタリ合ったタイミングでそれぞれの演技のエクスキューションもシンクロナイゼーションもノーミスと言って良い試合をする事ができ、2位から5位までの4チームが5点差の接戦を制した。
0301F704-FB4E-4EE8-BF0A-0AF85A7B4542


なお、個人高飛込に出場した山田周汰選手は思うような演技を揃えることが出来ず、予選敗退であった。


Fina ドイツグランプリ

20454D35-2AA8-46F4-9FA6-11CC2ABF2466

日本として初となるFinaドイツグランプリに、山田周汰選手(帝京高校)、宮本葉月選手(高知SC)、遠藤拓人選手(JOCEA)の3名が日本代表として参加している。今大会は28ヶ国が参加するグランプリの中でも規模の大きな大会である。

大会初日から2日目に渡り遠藤拓人選手(JOCEA)が男子3m飛板飛込に出場。また、3日目に宮本葉月選手(高知SC)が女子3m飛板飛込に出場した。
 423F788B-CB27-4CBB-9262-E50877E98AF8
遠藤選手は、初のシニアのFina公式試合に出場。大勢の出場者の中、落ち着いた演技で高い放物線と美しい入水を披露し8位で準決勝に進出。準決勝ではグループ内で3位争いを展開したが、一歩及ばずグループ4位で決勝進出を逃した。
 52659ABC-2018-4416-ACEF-03E26C3B0167
宮本選手は大きなミスをせず、6位で準決勝に進出。準決勝も危なげなくグループ内3位で通過。決勝では決勝進出者同士の大差ないハイレベルな試合展開の中、素晴らしい演技を披露したが、数点差で悔しい6位という結果となった。しかし、小柄ながら引けをとらないダイナミックな演技で会場を大いに湧かせ、魅了させた。

ナショナル合宿最終日

第3回翼JAPAN ナショナル合宿終了

最終日となる本日は、トライアルを実施しました。

どの選手も、前回よりも精度を上げてきており、次の課題に向けて取り組んでいることがよくわかる内容でした。

今回は、チーム内で新たなペアリングを試行するなどの取り組みもあり、それによって、選手も新たな気づきを得ていたようです。

IMG_9344


このような機会をいただいた関係各位に感謝し、報告とさせていただきます。

ナショナル合宿2日目

ブログ報告

翼JAPAN ナショナル合宿2日目

 2日目は、1日目の課題の克服に向けた練習が中心となり、個人練習に時間をかけて行われました。

 全体的にパフォーマンスが上がってきており、細かい点まで入念に確認して行う様子が見られるなど、スコアアップに向けて有意義な練習になっています。

明日は最終日、トライアルが行われます。

成果を検証し、新たな課題克服へのサイクルの質を高めながら、回転を早くしていきます。

引き続き、ご声援のほどよろしくお願いします。

IMG_9343


写真
踏切技術を高め安定性も向上してきた三上紗也可選手(米子DC)

第3回ナショナル合宿スタート

2018年度 第3回ナショナル強化合宿

新年に入り第3回となるナショナル強化合宿が、Tobio 浜松市総合水泳場で開催されました。
第一日目は、全体ミーティングで強化の方向性を再確認してから、練習がスタートしました。

IMG_9339


IMG_9340


短期間で成果を出し、これからに繋げていきたいと思います。

本年度も飛込競技ならびに、翼JAPANへのご声援、どうぞよろしくお願いします。

Junior national 合宿 終了

BC77A59A-59EF-48D2-8A40-0A0F562F1B8A

12/23〜本日まで実施されたジュニアナショナル合宿が無事終了いたしました。
基礎的な技術練習やトレーニングに加え、個人のコミュニケーションスキルの向上、リーダーシップの発揮、集団行動での周囲への協力、配慮や感謝をなどもテーマにした合宿でした。
また、健康科学大学の成田教授をはじめとする 医科学チームが、動作分析や身体測定、筋肉の状態や睡眠の傾向にまで及ぶ、幅広い分野で飛込選手の身体傾向のデータ収集とフィードバックをしていただきました。

6DF9606B-5229-4565-B499-5A47053A8005
B9BF91E7-E409-43AA-9746-10FB774A8E8E


次世代の主力メンバーとして、2024年パリオリンピック、2028年ロサンゼルスオリンピックでの活躍を期待します。

羽ばたけ!翼JAPAN!
 

Junior national 合宿スタート

0D76BFA1-7807-43AB-BC07-E8AB304C0D57

12/23〜25  鈴鹿市においてジュニアナショナル合宿がスタートしました。
本合宿の参加者は、高校生以下のトップからサードまでの強化カテゴリー8名です。

12/23  初日は、全体ミーティング、チームビルディング、講義、動作分析と身体測定を実施しました。

2439FE8D-2175-47A9-9AEE-2F9257AE868C
0C22A62D-9142-4393-863F-7496B3844266
E5AC4681-89B8-4B83-A602-92974F00F8F0

 

第2回 翼JAPAN ナショナル合宿 終了

Tobio 浜松市総合水泳場で行われていた第2回翼JAPAN ナショナル合宿が終了しました。

IMG_8287


本日は、昨日共有した課題に対しての練習と、ミーティングで終了しました。

シンクロ種目については、各チームの合宿の日程を調整して、更に合宿を行うようスケジュールの確認をしました。  

ミーティングでは、目標と目的・共通理念について、再度確認しました。

IMG_8288


今回も短期間ながら、選手とチームの成長が確認できた、質の高い合宿とすることができました。

事業実施にあたり、ご協力頂いたTobio浜松市総合水泳場の皆様をはじめとする関係各位に感謝して報告とさせて頂きます。

翼JAPANナショナル合宿2日目

2日目は、午前中は練習・午後はトライアル及びミーティングを行いました。

IMG_8283


トライアル後は、ミーティングを行い、ペア及び個人の課題について共有を図りました。
前回の合宿の課題をクリアしている選手・ペアも見られ、着実に段階が進んでいることが確認できつつあります。

IMG_8284


参加選手とコーチが多方向のコミュニケーションが多く見られるようになっていることも成果の一つ。
明日は最終日。本日認識できた課題のアプローチを進めて、チーム全体がレベルアップしていきたいと思います。

2018年度 第2回 翼JAPAN ナショナル合宿スタート!

12月8(土)から、第2回となる翼JAPAN ナショナル合宿がTobio 浜松市総合水泳場にてスタートしました。

IMG_8271


シンクロ種目の強化をメインに、12月10日(月)まで行われます。

IMG_8272

 
練習後は、映像分析のリピートが、選手とコーチに行われました。主に、日本選手と海外のトップ選手との違いを数値とグラフで示しながら説明を受けました。質疑ではコーチからだけでなく、選手からも質問や要望が出るなど、要素と技術の違いに対して認識を深める、貴重な機会となりました。

IMG_8273


短期間ではありますが、質を高めて成果に繋げていきますので、ご声援のほどよろしくお願いします。

International CAMO Invitation 2018 最終日

DAY 4 大会最終日

Group C 女子3M飛板飛込では佐々木音華(米子DC)は最多出場区分の3時間以上に及ぶ試合を経験した。得意の制限選択飛で点数を稼ぎたかったが、入水のインパクトが弱く評点に響き悲願のメダルに届かず10位となった。
Open 男子高飛込  井戸畑和馬(大阪水泳学校)が早朝の予選にも関わらず絶好調で1位通過であった。決勝ではキューバ選手との一騎打ちを予想していたが地元カナダの選手が素晴らしい演技を連発し1位、井戸畑は2位だった。

IMG_8245

Open 女子3M飛板飛込では山崎佳蓮(高知SC)が高校生〜社会人を相手にほぼノーミスの演技で予選を2位で通過したが、決勝での205Cでの失敗によりメダルを逃し悔しい4位であった。

IMG_8246



ジュニア強化の礎と位置付けられている今大会では、選手それぞれは大きな経験値を手にしたと感じている。しかしながら結果はそれ以上に重要である。
今大会で経験したことは指導者、選手とも次の一歩とその先を見据えた強化に繋がることは間違いなく、貴重な経験をさせていただいたことに感謝申し上げたい。
ヘッドコーチ  茶木 康寛(強化部)

IMG_8244

International CAMO Invitation 3日目の結果

DAY 3
大会3日目に出場した日本選手は1試合のみ。

Group C 男子3M飛板飛込に初日の高飛込でメダルを獲得し1m飛板で予選敗退という海外遠征の洗礼を浴びた二羽倖駕(小松DC)出場。前日の1M飛板から助走が安定せずそれが入水に響き12位であった。
技術面は元より、タイトなスケジュールでの本大会は基礎技術に加え基礎体力も求められる。そう痛感した3日目であった。

IMG_8239

International CAMO Invitation 2018 2日目の結果

DAY 2

Group C 女子高飛込では佐々木音華(米子DC)は初日の課題から自由選択飛の踏切動作と体幹の締めを改善させて挑んだが、入水時の小さなミスから僅差でメダルを逃し4位となった。
Group C 男子1M飛板飛込では二羽倖駕(小松DC)初日に続くメダルを狙ったが1本目の助走を失敗し落下、決勝進出できなかった。
Group B 女子1Mでは山崎佳蓮(高知SC)も初日の課題を改善するべく挑戦したが、全体的にショートの演技が目立ち決勝進出とならなかった。
Group A 男子高飛込では井戸畑和馬(大阪水泳学校)と山本馨(大分DC)が出場選手の中でも難易度では遜色なく入水勝負となった。予選では山本がトップ通過したものの決勝では安定した演技を続けた井戸畑が優勝をもぎとった。


IMG_8225

International CAMO Invitation2018

カナダのモントリオーールでは今年もInternational CAMO Invitation が行こなわれており日本からは5名のジュニア選手たちが参加している。

DAY 1

Group C(12歳〜13歳)女子1M飛板飛込に出場した佐々木音華(米子DC)は制限選択飛で点数を伸ばしたものの自由選択飛では思うような評点が得られず9位であった。
Group C 男子高飛込に出場した二羽倖駕(小松DC)はミスを最小限にとどめ1位に僅差となる3位、今大会第1号となるメダルを獲得した。

IMG_8224


Group B(14歳〜15歳)女子3M飛板飛込では山崎佳蓮(高知SC)が美しい制限選択飛で得点を伸ばし予選を2位で通過したが決勝では硬さが見られ入水でのオーバーが続き順位を落として11位であった。
Group A(16歳〜18歳)男子3M飛板飛込では井戸畑和馬(大阪水泳学校)と山本馨(大分DC)が海外選手らに食いつき予選を2位、3位で通過した。しかし決勝では山本が気持ちの入れ込み過ぎから飛板との同調に欠き順位を落とした。一方井戸畑は細かなミスはあったものの最後まで粘り強い演技をして2位を勝ち取った。

IMG_8222

金戸凜がグランプリ初優勝

FINA ワールドグランプリ大会第7戦は11月23日からシンガポールのOCBCアクアティックセンターで行われている。
女子高飛込に出場した金戸凜(セントラルスポーツ/日出中学)は予選でパーソナルベストを更新すると続く準決勝、翌日の決勝でも安定した演技で北朝鮮の選手たちを抑えてグランプリ初優勝。
ここ1年、スポーツ庁が支援しているJSC有望アスリート海外拠点強化事業で強化していただいた成果がグランプリ最終戦で実る形となった。

IMG_8179

IMG_8181


翼ジャパン  ナショナル合宿  最終日

2018年度翼JAPAN ナショナル合宿終了

浜松市総合水泳場Tobioにて行われたナショナル合宿。最終日の本日は、トライアルを実施しました。

IMG_8134


3日間という短期間ではありましたが、個々の選手とシンクロチームの課題を、コーチミーティングで確認し、選手を交えたミーティングで共有するなど、質の高い充実した合宿となりました。

IMG_8135

これから所属に戻り、翼JAPANの理念をもとに、今回浮き彫りになった課題を克服して個人・チーム共に強化していきます。

このような機会を頂いた関係各位に感謝し、報告とさせて頂きます。
ギャラリー
  • 銅メダル獲得!!  FINA. ダイビングワールドグランプリ  イタリア大会
  • 銅メダル獲得!!  FINA. ダイビングワールドグランプリ  イタリア大会
  • 銅メダル獲得!!  FINA. ダイビングワールドグランプリ  イタリア大会
  • FINA イタリアグランプリ  日本選手団到着
  • FINA イタリアグランプリ  日本選手団到着
  • FINA イタリアグランプリ  日本選手団到着
  • FINA イタリアグランプリ  日本選手団到着
  • スペインGPの結果
  • スペインGPの結果